スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
映画「リバティーン」
2006年04月08日 (土) | 編集 |
その魂は繊細にして何処までも痛々しい


堕ち窪んだ精神が
ゆるゆると侵され腐たれる前に
全身全霊で自滅の悲鳴をあげる


その魂は繊細にして何処までも痛々しい


猥雑淫蕩
無秩序廃頽
汚泥堕落の時代に
その男が選んだのものは

「自由」




そして

「絶対の拒絶」







------------------------------------------------
映画「リバティーン」

東京都板橋区
ユナイテッドとしまえんで鑑賞してきましたよ。

映画館広告


ここで映画を観るのは初めてだったのですが、
あらかじめインターネットで座席指定ができるというので、
姉が午前中にリザーブ。
…そんなに混まないかなぁ、と言いつつ、
なんたって初日ですからね。
ジョニー・デップ出演作では過去に
満席御礼で座席を求めて彷徨った経験がありますから…
「パイレーツ・オブ・カリビアン」
「チャーリーとチョコレート工場」など(苦笑)

内装と物販

中はすごく綺麗なシネコンです。
なんだかちょっと空港みたいとか思ってみたり(笑)
ワーナー・マイカルといい、
シアター数が多いシネコンは大好きですな~
待ち時間に予告編が見れるスペースとか
売店の品が充実しているなど、サービスも良い感じです。

売店ではパンフレットやポストカードのほかに
「リバティーン」の写真集を売っていました。
(と、いうか、ジョニー写真集(笑))

ジョニー満載写真集(笑)

これに関しては公式HP上のニュースでも紹介されています。
…えー、うーん…
買ってくればよかったと今書きながら後悔してます。
…買いに行ってこようかな…




------------------------------------------------

本編について。

ウィルモットという男


正直、注目した理由は
「ジョニー・デップ主演だから」でした。
でも、理由の軽薄さに、ちょっと後悔…

観終わったあとに残る陰鬱で重い澱のようなもの…
腐敗しきった時代を体現するかのように
短くも壮絶な生涯を生きた男。
問題提起型の映画としてなかなかよい出来だったと思います。
沢山の評論に書かれているように、
ハリウッドでアウトローなジョニー・デップだからこそ
破天荒なキャラクターを演じきれた、とも思えます。
かつて若かりし日にやんちゃだったジョニーを
どことなく被せて観てしまいました。
…今でも反骨精神もハードロッカー魂も
バリバリ旺盛で健在ですけどね(^^)






ジョン=ウィルモット


「人間という存在に絶望している」

自意識過剰でうぬぼれている
全ての人間を信用していない
卑屈と高慢と虚栄の賛美に飽いている
涜神的感情的生理的に欲望をひたすら否定しない
忘れ去られることを恐れている

熱に浮かされ朽ちる病床を切望する者は
果たして「孤独」を求めているのだろうか…?


「絶対の拒絶」の果てに求めたのは

それでも全てを受け入れる「絶対の愛」か





スポンサーサイト
テーマ:ジョニー・デップ
ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。